*All archives* |  *Admin*

<<02  2017/03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  03>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リハビリについて考える、その1。体は変化していく
リハビリについて考える。その1
“体は変化していく“
「体は治っていく途中であり、体は刻々と変化している」

今の私が最近の生活で、実感しているのは、
歩かず、寝転んでいる、腰を後傾させ猫背でだらしない姿勢でいると、バランスをとる神経と筋肉が退化していく。
緊張し続ければ、筋肉はこっていく。緩めれば、緩んでいく.

それを通してわかることは、
私たちの体は毎日(治癒するのか、退化するのか)ほんの少しずつ変化していて、
決して止まってはいない。

ならば、目標をたて、体に意識を向けてやりつづけていくことは、けっして無駄ではなく、むしろ有益である。
「私たちは変化する・成長する・進化する」
目標をもち、目標に向かいやり続けることの生き生きとした実感と意味はそこにある。

私は実感をもって、それを体に教わった。
だから、私は、変化し、進化に向かいやりつづける。
神経損傷と麻痺、それに伴う体の変化があり、回復がある、その変化を通して、
私はそのことを学んだはずなのだ。
(その学びを)それを風化させて、怠惰にすごし退化してはいけないと思う。
それでは、自分に申し訳ない。

それは体の老化に関しても同じことで。
「老いたから、もう私は変わらず死ぬばかりで、もう後なんにもない」ということではない。
 人はいつまでも、変化・成長・進化していくものなのだ。

いつでも、目標を持ち、成長していくような意識で、時を過ごしたい。
スポンサーサイト
足をあきらめるな、体をあきらめるな 体に意識を向けること

一指立禅の足通関という修練の中で、(自分の手をかざしながら)足先に意識を向けた際に
普段よりも、足先の感覚がよく感じられることに
気がついた。

その翌日の歩行の際にも、その足先の感覚がよく感じられる状態が続き
そのため
立ちや歩きの体のバランスも安定し、体の安定感とともに、心の安定感も増すように感じた。

私は、足首や足指の運動麻痺があり、感覚の鈍磨もある。
怪我をしてリハビリを始めた当初は、足の先に意識を向けて
長い間に知らずに、足先に意識を向けることが極端に少なくなっていた。

普段あまり、足先の感覚に意識を向けることがなくなっていた。

しかし、一指立禅の足通関で足に意識を向けてから、足先の感覚がよく感じられるとともに
今まで普段はよくわからなかった足を動かす筋が、うまく働いているように感じられた。
「足をあきらめるな」と思った。

感覚鈍磨や、運動麻痺があっても、手をかざしながら、その部位の身体の感覚に意識を
向けることで感覚がよく感じられるようになることがあるのだと
私は思います。
歩きの途中で推手の構え、意識すること、ありがたいこと
最近、推手の構えの練習をしています。(トレーニングの途中で)
「胸の流体を意識して、胸が広がって水が流れる意識をする」
ということをしています。

そんなことを
一回5分、一日30分集中して意識する、そんな練習をするだけで
1ヶ月で、3ヶ月で
体の脱力度合いや、体の動かし方が違ってくると
そう思いました。

気がついたことがあります。
同じ目的をもって、練習をする仲間がいるということは幸せ、なんです。
仲間がいるということは、大切なことだし、ありがたい。

体の使い方が変われば、心が変わるもんだな、
心が変われば、体が変わるもんだな。と感じます。
くわしくは、また次の記事で
魚の目とともに
魚の目について

麻痺で足の指、足首を動かす筋(ふくらはぎの筋以外)に力が入らないので、体重が足裏の一点にかかります。
左の足は、足指に拘縮があり固まっているので、足の指の方にも体重を乗せられる
ようですが、
右の足は、足指がふにゃふにゃで、足指のほうに体重をのせることができないようです。

アクアスロンに出た後、右足に水泡ができたのですが、痛いままぐりぐり重心を乗せる練習をしている内に
魚の目ができてしまいました。その後、魚の目

足に魚の目ができては病院にいって削り、できては削りをしています。


そんな中で、歩いたり、身体の修練をしています。
昨日は家の周りを、歩きました。
歩きの調子がよく、杖なしでも安定して歩けました。今日もバランスがよいようです。

また、前後に足を開いた形で、身体の脱力の練習をしました。
太極拳の推手につなげるためです。

テーマ : 日常
ジャンル : 心と身体

体の動かし方
体の余分な力を抜いて、軸をたてるなどの
体の動かし方の修練をしていると、その時できないこともある。

しかし、ある感覚をつかめたら
立ってやるとバランスが悪くて(普段の習慣がでて)うまくできなかったことも、
(安定した余裕のある姿勢から)座って体を揺らしてみるとか段階づけて
感覚を大切にしてやってみると、
段々できてくるようだ。

あきらめることはないよ、いい方にも、悪いほうにも人は変わっていけるよ。
と私は感じている。体がそう教えてくれる。
プロフィール

あさ

Author:あさ
都内在住 埼玉県新座市出身
神経損傷で、足に麻痺が残りましたが
以前アクアスロン(スイム:200m/ラン:3000m)にでました→足裏にまめができました。

ホノルルマラソンに出る予定
歩くことが好き
○趣味 太極拳 ジャンベ

☆気軽にコメントをください

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
☆ブログ村に参加してます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。