*All archives* |  *Admin*

<<06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
太極拳の特徴「重力に適応する」「脊髄+馬尾神経損傷後の修練の体験から」
 太極拳のレポート後半です。太極拳の歴史については、次回にします。
重力に適応して動く①
(身体の中心ラインを重力方向に沿わせる)
人は、地球上に生きている以上、常に重力を体に受けてその上で、体を動かして活動しています。
 重力の中で、重力に適応し上手に動くにはどうしたらいいでしょうか?
まず地球上で人は直立していますが、例えば子供の頃ウルトラマン消しゴムやキン肉マン消しゴムを2本足で立たせようとして、なかなか立たないのを感じた方もいると思います。人は直立二足歩行するために、2本足の間の狭い面で、長細い身体を立たせて支えバランスをとっています。
重力下で、人間のように長い体が二本足で立っているということは、実はかなり難しいことなのです。地球上の生物の長い歴史の中では、生物が地上にあがっていき2足歩行になったのはつい最近のことです。
太極拳では、まず体の長軸が、重力の働く方向を基準にしたラインに対し、傾かないことを重視します。脊柱の前側(腹側)のラインを体の上下における中心ライン(中心軸)とし、それを重力方向に沿わせることを重視します。
 野球の応援団がもっている大きい旗をもつことを想像してください。旗の支柱が傾いたら、旗を持つ人は相当な力で反対側に引き上げないと旗は倒れていってしまいます。つまり軸が傾くと、傾いた反対側に引き上げるようなよけいな筋収縮が必要になってしまうのです。
太極拳の(太極拳の動作中は、そのことに意識を向け守るというような意味である)要訣の一つに、「虚領頂勁」(首筋をスッとまっすぐ立てて、軽く顎を引き)、「立身中正」(背骨のラインを重力方向に対し、真っ直ぐに立てる)というものがあります。それを動作中は、基本的に守ります。頭のてっぺんの点から、体の中を通り、体の重心に近い丹田(へそ下3寸)を通り地球の中心まで引っ張られる方向を意識して、動作中も基本的に身体の中心ラインが重力に引かれる方向に対して傾かないようにします。
重力下では、人の身体の中心ラインが傾くと、それを立て直すために身体の内部に大きな力(筋収縮による筋張力)を必要とするからです。
しかし、身体を真っ直ぐにしようとして、かちかちに身体を緊張させてしまっても、人は滑らかに体を動かせませんし、筋収縮を起こすことで身体の内部に重力と反対方向のベクトルが働き、重心が上がり、身体は外力に対しバランスを崩しやすくなります。
太極拳の指導では、身体の中心に近い脊柱が一つ一つ積み木のように積み重なっているようにイメージし、その積み木がまっすぐに積み上がっているだけの最小限の筋収縮となるように、それ以外の余計な力を抜くことを意識させるということがあります。
太極拳では、重力に引かれる方向を自分自身の感覚で感じ取り、それを基準にして、自身の体のアライメントを整えることをしていると言えます。しかし本当に真っ直ぐかどうか自分ではわからない場合が多いので他者にチェックしてもらうことをします。
リハビリテーションの世界では、脳卒中で主に身体の片方に障害が残った方へのアプローチとしてボバース法という理論があります。
ボバースの理論では、「身体のアライメントが崩れると、筋緊張のアンバランスが助長される」という考えがあります。重力に適応した身体の動かし方を考えた場合、「太極拳の体軸を重力方向に沿わせて動く、なぜなら身体の軸が傾くと、よけいな筋緊張が起ってしまうからだ」という考え方は、ボバースの考え方に似ているようにも感じます。
ボバースと違い太極拳では、自分で自分の身体に働く重力の方向を感じ取り、それを基準にして自身の身体の軸を整えることをし、他者にチェックしてもらいながら、自分の体を自己で調整し、自主管理します。

重力に適応するには②(むだな筋収縮をせず必要最小限の筋収縮で立ち、動く。ある姿勢を保つ)
太極拳では無駄な筋緊張を嫌います。筋収縮をすることによって、重力に拮抗する方向の力のベクトルが身体の中に生みだされ、重心が上がり身体が不安定になるからです。余計な筋緊張がなく、重力に身体をゆだねている状態、そして姿勢がある形をとっている時を、太極拳では重力に適応し安定した身体の状態とします。(ある形とは、脊柱が重力方向に沿い、肩・肘が落ち、胸の力を緩め背中・肩甲骨が開き、股関節と脚が乗馬をしているようにアーチ状になり力が抜けているような形です)
修練では実際に身体が安定しているかどうかを、他者に身体を持ち上げてもらったり、押してもらったりしてチェック・確認します。
必要以上の筋収縮は、身体の滑らかな動きを阻害しますし、過剰な筋収縮を続けると、血行が悪くなり、肩こりなどの原因になります。また、筋緊張が強いと身体の感覚が感じにくくなるために、身体と外部環境との関係性を上手く捉えることができなくなります。

人は、地球上にいる重力の影響化で身体動作をして生活しています。ただ立ち座っているだけでも、抗重力筋(下肢の筋や体幹の脊柱起立筋など重力に抗して身体を持ち上げる筋)の筋収縮が必要ですし、手を挙げる際も腕にかかる重さに抗して手を挙げているのですが。太極拳では、必要な最小限度の筋収縮を行い必要以上に筋収縮させないことを意識します、手を挙げる際も、腰、背中と体の中心から連動して動かしていくことで、末端の筋を過剰に収縮させないようにします。
 つまり地球の重力化にいるかぎり、抗重力筋の収縮によって身体を立てたり、首を立てたり、手を挙げたりする必要があります。しかし必要以上の筋収縮は重力に反発するような力を生みだし、重心が上がり、不安定になるためよくないと太極拳では考えています。それを実際に、自身の身体を通して納得しながら理解し、安定した身体と心の状態を目指します。

身体の感覚を意識し、重力・床からの反力などのベクトルを感じる 
人は、地球上で常に重力を身体に受けて、地球の中心に引っ張られながら、立ち座りまたいろいろな動作を行っています。しかし人は、日常で身体が重力に引かれている感じを、感じることは少ないと思います。転ぶ時、ジャンプして落ちるときには感じるかもしれませんが。当たり前すぎて、意識をしていないかもしれませんが、立っている時も座っている時も常に重力は身体に働いています。
太極拳では、筋緊張をゆるめて身体感覚に意識を向け、体が重力に引かれる感覚・床から返ってくる床反力などを感じ取り、その力を利用します。 
身体が重力に引かれている感覚は、力を抜かないとあまり感じられません。また一方で、重力を感じようと意識を向けることで、力が抜けてきます。
人が自分の身体の感覚がまったく感じられなかったり、感覚を認知できなければ、身体を動かし使うことができないように、重力もまたそれを感知し認知しなければ、重力にそって身体を動かすことも、自分の身体にかかる重さ、重力を使うこともできません。

 身体感覚で何を感じるか?
・ 体の各部位が緊張している感じ、それがゆるむ感じ
・ 重力・接地面からの床反力とその方向
・ 他者から受ける外部から入ってくる力のベクトル
等です。
○太極拳の修練には推手というものがあり、相手の前腕と自分の前腕を合わせて、腕をセンサーとして相手の力の起こりや方向を感知して、いなしたり、自分から押したりします。(推手では、相手の腕や身体制して崩し、自分の身体は安定したままでいるようにします)相手の力がどの方向に入って来ているかを感じ取り、その力に対処します。相手の力を下に流したり、いなしたりします。これは相手の力を感じ、自分の身体が安定していないとできません。

人は、
身体感覚に意識を向けることで→重力に引かれる感覚・外部から入ってくる力の方向・自己身体と外部環境との関係性を感知し認知し→その感覚を運動に利用できます
例えば、階段昇りの際、足を上に挙げようとがんばるよりも、段に踏み込んだ軸足を通して感じられる地面からの力を確実に感じて、腰・骨盤を上手く使って足を上げると楽に足が上がる感じがするかと思います。
 逆に、人は身体感覚を通じて、身体と外部環境との関係性を感じ取り、運動に利用できなければ、運動が不適切なものになります。運動が不安定・不適切な場合、余計な筋緊張もうまれやすくなります。身体を不必要に緊張させるということは、感覚を感じにくくします、感じられなければ、感覚を運動に利用できず運動はますます上手くいかなくなります。
 
以下のような発想をし、意識をして体を使えば、健常者の方が日常生活やスポーツの運動時により合理的な身体が使えるようになったり、何らかの障害をもった方の動作時のバランス・安定性の向上に効果があると思います。
○ 筋緊張をゆるめて、重力に引かれる感覚、流体の感覚、外部との接触面の感覚など、身体感覚に意識を向け、感じ取る。
○ 人は身体感覚を感じることができ、その感覚を通して環境と身体との関係性を知り、運動する際に使っています。
○ 体を緊張させるか、緊張をゆるめるか自分で選ぶことができる。
○ 体の中心部から動き、身体の末端へ動きを波及させていく。
 まとめ
身体の感覚に意識を向け感じとり、重力にも適応していこうという身体の扱い方は、合理的な身体運動の一つの方向性を示していて、現代の生活でも応用が利くように思います。

追記
私の体験から(神経原因による筋緊張の異常がある場合)
私が馬尾神経損傷(一部脊髄神経も損傷有り)を負った、初期の頃は2年くらい、力を抜けといっても、(神経の異常で)身体が勝手にぴくぴくっと筋収縮を起こしてしまうので、抜こうと思っても勝手に体が緊張してしまい、力を抜くことはできませんでした。
大腿の前面の伸筋やぴくぴくっと勝手に収縮を起こしたり、大腿の外側の筋、腰の脊柱起立筋がばりばりに張ってしまって、力を抜くことはなかなかできない状態でした。
 つまり、痙性などの神経の原因による、異常筋緊張がおきている場合は、力を抜くことは困難です。
その後、時が経つにつれ、だんだん、腰のバリバリの緊張が溶けてきました。
また、立位で体に意識を向けると、下腿三頭筋、ハムストリングスが張って筋緊張の感覚が強すぎて気になり、しかも力が抜けない状態でした。
このような状態で力を抜こうとしても、なかなかできず、ストレスを感じることが多いと思います。

 その中でも、立ちながら胸、腹、股関節の緊張をゆるめる意識をもちながら、膝を曲げすぎずにまっすぐ立つ、ということを意識することで、
腰など緊張を緩めることができる部分についてはゆるみ、膝まわりについても緊張しなくても立てる形を少しずつさぐることができます。
この場合は、正しい姿勢をとっているかどうか他者にチェックしてもらうことが非常に重要になってきます。
スポンサーサイト

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

太極拳の発表レポート「人体のとらえ方」「重力に適応するとは」
 太極拳について、簡単な発表をする経験をし、レポートにまとめたものがありますので
その一部をのせさせていただきます。

はじめに
人は、地球上で身体を動かし生活しています。地球には大きな力、重力が常に働いています。
重力は誰の身の上にも平等に働いています、例外は有りません。では、重力の働いている地球上で、人はどのように身体を動かすことが楽で合理的な身体の動かし方なのでしょうか?その問いに対する答えの一つを太極拳は私たちに示していると私は考えます。
 重力を身体の感覚を通して感じ、重力を力として使い、重力に適応して身体を動かす方法を太極拳は、教えてくれます。
 価値が多様化し、ストレスが多く、周りの刺激に振り回されている現代の私たちに、一つの軸・基準のようなものを太極拳は示しているように思います。

太極拳は、もともとはれっきとした中国の拳法です。人と人との命がけの闘いの中で、人体を研究してきた中で生まれた(歴史がある)ものだと考えられます。厳しい戦いの現場で、人の体をどうとらえ、体をどう動かしたらいいのか?ということから、純粋に人体の研究していきました。

人体のとらえ方
中国医学では、気・血・水(血以外の体液)の三要素が身体の大半を構成していると考え、これらの流動体の滞りを正すことを医療の原点としています。その影響もあるでしょうが、太極拳の創始者が人体を研究した結果として、太極拳では「人の体は、皮の水袋だとし、そのように身体を使う」こととします。

実際に、人体は水袋なのでしょうか。人体の水分は成人で60%前後というデータがあります。赤ん坊では水分量が多く、老人は水分量が少なくなってくるそうです。解剖学においては、人体には筋肉があり、骨があり、皮下組織や腱や靱帯などの軟部組織、脂肪、血管や血液があります。筋や骨は、液体ではないですが、それ自体の中に水分を含みます。人体には多くの水分があることは事実なようです。
また、皮膚、筋、脂肪、軟部組織はジェルやゲルのような性質をもっています。血液、細胞内液、細胞外液というように、人体の中には液体を多く含んでいて、それは動いています。
 生きて動く人体は、固体やロボットや木でできた人形のように捉えるよりも、液体の入った袋や変形する柔らかい固体、もしくは体内で水分が流れていて流体を含んでいると捉えることは、あながち間違っていないように思います。実際、人体には血液という流体が、たえず脈打ちながら流れています。

○体を水の入った革袋として扱う利点とは
①身体の内部は水であることで、相手の力を吸収したり、逃がしたりすることができる(両脇を2人の人が持ち上げようとしても、持ち上がらない。相手に捕まれたとしても動くことができる)
②自分の体にかかる重力を力として、使うことができる(両脇を2人の人に手で持ち上げられながらも沈むことができる)
・ ふらふらになった酔っぱらいに寄りかかられると、重く感じると思います。何かに寄っかからないで、自身の身体の重さを圧力として相手に伝えることができたら、それは攻撃となります。実際に太極拳では、体の沈みと傾きを使い(頭・肩・肘・手掌等)体のいろんな部位に自分の体の重さを圧力として移動させて、相手に伝えていく技法があります。身体の中に筋緊張があると流れが滞り、自分の身体の重さという圧力を相手に伝えることは、できないそうです。
この②については、私はうまく合理的に説明することができません。

次回の記事で、「重力に適応するには①、②」
「自分の体験を通して」をのせます。
太極拳と認知運動療法の共通点
私は今、太極拳の特徴や、認知運動療法の共通点について
発表できるように、まとめています。

例えば太極拳では、聴勁といって、手や前腕をセンサーとして、相手の微細な動きを察知することをします。
これは、手や腕を感覚器官として利用している。


また太極拳の修練では、身体の感覚に意識を向け、

体の中の小さな力のベクトルの流れを感じ取ることを

重視します。

身体の感覚でとらえた、床からの反力や丹田からの動きを力をして利用します。

つまり、
体の感覚でとらえるから、反力や丹田からの動きを力として利用できるのであり、
逆に知覚し、認知できなければ、その力を利用することができない。
ということです。

これは、認知運動療法の中の

手を触覚器官として利用するということや、

正しい運動のコツをつかむために、感覚を利用する

といった方法に似ていると思います。

太極拳の考え方、体の使い方、修練は、人体の本質にせまっている為

身体の運動方法や身体の運動療法の治療にも応用できる部分があると考えています。
基準・沿うべきものは体に
前回の記事「朝のストレッチ効用」で書いたように、
体の意識を向けて感じる・緩めることで、体は変わってきます。

ほんの少し体を意識すること、緩めることで体の使い方が変わってくる。
つまりは、まだまだ自分の体を使えていないんだなと、思います。

まだまだ体のことを知らなさ過ぎるし
私たちは、まだまだ体を使えていない。それが前提にあるのだと思います。

(頭脳ではなく)この体の中に答えがあり、体を動かす基準となるものは体にある。
ということでしょう。
その情報に意識を向け、知り、動かす。

私たちの可能性というのは、その中にあるのではないか。
この身体は自分が作ったものではなく・・
太極拳・修練の方向として、身体を重力にゆだねていきます。
身体の中の芯からゆだねるとき、必要なのは「心の守り、こだわりと解くこと」かもしれません。

自分の身体は中身の骨の芯まで自分自身のものではなく、他と一緒に共にあるんだということに気づき、そのほうにゆだね、その感覚を感じていく。

本当に人の身体は、自分のだけのものではなく、自分が作ったものでもなく
何なんだろう?
不思議な気持ちになります。

他に左右されない、
何者にも依らず、ゆらがない確かなことがあるようなのです。
確かな方向というものがあるように思います。

プロフィール

あさ

Author:あさ
都内在住 埼玉県新座市出身
神経損傷で、足に麻痺が残りましたが
以前アクアスロン(スイム:200m/ラン:3000m)にでました→足裏にまめができました。

ホノルルマラソンに出る予定
歩くことが好き
○趣味 太極拳 ジャンベ

☆気軽にコメントをください

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
☆ブログ村に参加してます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 脳・神経・脊髄の病気へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。